珈琲山居のブログ

京都市の珈琲店、珈琲山居(こーひー・さんきょ)です。こちらのブログから、お店に関するお知らせや日々のあれこれをお届けします。

ご案内(営業時間など)

   営業時間 12:00~18:00

   定休日  火・水 

 

  喫茶ご利用にあたってのご案内
 ・現在、基本的に店主一人で営業しております。
  お時間とお気持に充分な余裕をもってのご利用をおすすめします。

 ・当店は珈琲店です。
  香水など強い香りを身に付けてのご入店はどうかご遠慮ください。

 ・引き続き、以下のような感染症対策を実施しています。
  ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

  〈1)発熱その他の症状がある方のご入店はお控えいただいております。
     また、混雑防止のため、入店人数を制限することがございます。
  〈2〉 店内での会話の際にはマスクをご着用ください。  
  〈3〉 入口付近に消毒用スプレーを設置しています。手指にご利用ください。

あむ・くむ・つながる(岩橋氏近況)

 さんざん書いてきたこの暑さも今日、明日くらいが最後みたいですね。今週は深煎りにエチオピアも少しだけ用意ございます。ホットもアイスも美味しく仕上がるので、これはけっこういいかもと思っています。

 さて、先ごろマブダチの岩橋正隆くん*1かお便りがあり、今週末から出展するという、夙川・siroの五周年記念展「あむ・くむ・つながる」のフライヤーをいただきました。今回は都合により在廊できないそうですが、関西で彼の作品が手に取れるチャンス!夙川といえばお菓子の名店ひしめく街でもあり、洋菓子探訪*2とセットのお出かけもよろしいかと。会期は10/8(土)~22(土)です。また、関西圏ではありませんが年内めどに別の個展も計画進んでおり、そちらもまたお知らせできればと思います。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by くらしのもの siro (@siro_kurashi)

www.instagram.com

*1:大分在住の木工作家。当店ではみるっこの刳り貫きホッパーでもお馴染み

*2:バタークリーム推しとしては、ミッシェルバッハのケーキフランクは外せません

また明日

 なんだかもうあっという間の一日でした。そもそもは午前中に

 今日は麻袋の受け渡しに加えて、遠方から友人が訪ねてくることもあり、まだ11時というのに準備ととのってます。せっかくなのでこのままオープンしますー

 と書き終わるやいなや麻袋が到着。その後続けてご来店があり、結局更新が終わらないまま以後7時間ほぼノンストップ。閉店後にルーチンの家事・育児を済ませて店に戻り、クイックな夕食後のひととき(22時過ぎ)に更新作業を再開して今に至ります。

 それはともかく、しぶとく暑いながらも夕方には涼しくなって気持ちの良い10月初日でありました。明日も晴れ予報、ご近所のアトリエみつしまやギャラリーやなせでは今日から展示がスタートしています。ご都合つく方はあわせてお出かけください。なお、アトリエみつしまの「まなざす身体」展では、10/22(土)18:00より対話鑑賞ナイトツアーが予定されています(光島さんからお聞きしました。フライヤーに載っていませんがWEBサイトには情報あり)。こちらは事前予約制。17時50分まで当店で珈琲を飲んでいても間に合う距離です。ぜひどうぞ。

www.tokyoartbeat.com

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ギャラリーやなせ GALLERY YANASE (@murasakino6128)

www.instagram.com

 そんな感じでイベント日和な週末ですが当店はいつもどおりの営業です。ワゴンセールは予想していたより反応よく、今日の閉店前には目玉商品がひとつ旅立ってゆきました。こういうのは補充しないままでいると見た目が寂しくなるのですね。ちょっと足そうと思います。それではまた明日。

ワゴンセール

 そろそろ開けまーす。今日は朝から、昨日に増して好天ですね。またアイスコーヒーもたくさん出そう。いつもどおりの日曜ですから、まずはドミンゴ流しつつお待ちしております。

 お知らせ。先日ちらっとブログにも書いたワゴンセールは、ちょうど新月となる明日から始めようと思っています。手持ちのアレコレをうまいこと循環させられないかなーという考えはずっと頭の片隅にあったのですが、なかなか具体化できないままでいたところ、陳列台代わりに良さそうなワゴン*1が手に入りまして、それなら”ワゴンセール”って呼べるしちょうどいいかなと。まずは本・雑誌から並べる予定です。しばらくは常設で随時補充。何があるかは来ていただいてのお楽しみということで、よろしくお願いします。

*1:神戸家具・永田良介商店の古いもの。店にある刺繡の衝立と同じメーカーです

そろそろお茶の時間です

 今日は朝からいい天気になりました。開店前、支払の用事を済ませにコンビニに行ったら暮しの手帖が出ていたので購入。この店舗はやたらと雑誌が充実していて、いつのころからか暮しの手帖はここで買っている気がします。帰って店に置き、本棚のバックナンバー10年分も秋号に入れ替えました。入れ替えついでに10冊パラパラ眺めるのが慣わしになっているのですが、今日は探していた記事を不意に見つけたのがちょっとした収穫でした。

 備忘録代わりに記しておくと、件の記事は2015年の第四世紀78号、若菜晃子さんのエッセイ『今日の夕陽』。ちなみに、エッセイ冒頭で言及されている「以前取材をした古書店」に心当たりがあったものの、調べてみたら勘違いでした。勘違いというのは、若菜さんが古書店を取材した記事が掲載された雑誌「wandel」の第3号(2005年秋刊)が手元にあったから(その古書店は現在も営業中)。それはともかくwandelは本当にいい雑誌で、わたくしがクシマゴ先生のお仕事をしっかりと認識したのはこの記事がきっかけでした。蛇足を重ねると、後年、記事中の別のお店の紹介文とともに載っていた水彩画のバリエーションと思われる先生の作品を神保町の古書店で手に入れ、その絵はいま店内に飾られています。

 

 話戻って今回の暮しの手帖。nowakiで個展開催中の牧野伊三夫さんによる富山紀行、日記本のレコメンド記事などいつも通り読みどころ多そう。喫茶的には「鈴木信太郎の仕事」も気になります。

 時刻は現在14時を回ったところ。秋晴れの午後、お散歩ついでにどうぞお立ち寄りを。

『SとN pocket』配布中です

 今日の午後、けっこうな重量の小包が届きました。中身をあらためると『SとN』じゃありませんか。

 いまのところ公式SNSにも情報があがっていないようですが、既刊6冊からの記事がダイジェスト的にまとめられていて、サイズはこれまでの半分というつくり。だから「pocket」なのですねー。春先の第6号で完結とばかり思っていたので非常に得した気分です。ちなみに表紙はリバーシブル仕様、2種類あるわけではございません。しかし毎号毎号、自分の手元にも残らずにすぐ無くなってしまうSとN。今回は記念に1冊取っておこうと思います。

 明日も12時から18時までの通常営業です。週末蕎麦スコーン、自家製ラムチョコどちらもご用意してお待ちしております。

今日もやってます。

 こちらは台風14号の影響をさほど感じぬまま、先ほどいつもどおりオープンしました。予報では雨も風もひどくないようですので、このあと18時まで通常営業できそうです。3連休最終日、皆様ご無理ない範囲でお出かけくださいね。


www.youtube.com